のぼりの製作にあたって

noboribata.netの特徴

オリジナルののぼり旗
街中の路上やショッピングモールなどの商業施設では、広告・宣伝のために
「のぼり旗」が用いられることがあります。

これは低コストで製作ができて人目につきやすいというメリットがあり、設置や撤収作業も簡単です。

「のぼり旗」が必要になったら、「京都のれん(noboribata.net)」に制作を依頼することができます。
京都のれんの大きな特徴は、低価格で高品質の「のれん」の制作が依頼できることです。

商用施設用の「のぼり」も対応していて、30枚以上を注文すれば
1枚あたりのコストを安くすることができます。

のぼり製作のコストを抑える

オンラインで注文をすることが可能で、入金確認後に4日以内に製作して出荷されます。

京都のれんでは枚数に応じてシルクスクリーンまたはインクジェットプリントの
いずれかを提案してもらえるので、初めて「のぼり」の制作を依頼する方でも安心です。

商業施設用の「のぼり旗」が必要になったら、「noboribata.net」にアクセスしてみることをおすすめします。
こちらのサイトのフォームを利用して図柄やロゴなどの画像データを送信することができるので、
日本全国どの場所からも手軽に発注をすることが可能です。

室内イベント用ののぼり旗も対応可能

消防法の規定(消防法施行規則第4条の3第3項から第7項)により、室内で「のぼり」を使用する場合には
防炎加工済みの物を使用することが義務付けられています。

サイズに関係なく火災対策が求められており、火災対策が施されていない物を使用すると
違法行為になってしまうので注意が必要です。

防炎加工のぼり

ちなみに屋外用については消防法の規定は適用されないものの、室内用と同じように火災対策が施されていることが推奨されます。

「京都のれん」では、消防法で定められている防炎対策の基準をクリアした「のぼり旗」も製作可能なので、
室内で使用する「のぼり旗」が製作可能です。

消防法で定められている基準をクリアした「のぼり旗」には防炎製品ラベルが付けられますが、
「京都のれん」の製品にもラベルが付いているので安心です。

後から「のぼり」に火災対策のための加工を施す方法もありますが、見た目が悪くなってしまうのでおススメできません。

美しく印刷して集客効果を高めるためには、製作時に火災対策を施しておくことが大切です。
イベントなどで室内用の「のぼり旗」が必要になった場合は、「京都のれん」のサイトにアクセスして相談をすると良いでしょう。

ホーム  柔らかいポリエステル製 のぼり旗専門会社の  プリンターで印刷するため  1枚から注文できるのぼり旗  のぼり旗インクジェット  のぼり旗_軽減できる広告 のぼり旗_戦略  のぼり旗の三巻加工  のぼり旗を買う  のぼり旗で営業 のぼり旗の作り方  のぼり旗を選挙宣伝車両につける  防炎加工の必要性  sitemap