のぼりの製作にあたって

先染め生地とは最初から生地に色を付ける事

オリジナルののぼり旗
店内や近隣に設置することによって、お店や販売している商品の宣伝をするのがのぼり旗の役割です。

そんなのぼり旗を作るときには業者に委託することになるのですが、実際に頼むときには
2つの製造方法を指定する必要があります。

 

そののぼり旗の製造方法で、現在まで伝統として受け継いでいるのが先染め生地という方法になります。

先染め生地とはどんな手法なのかというと、布を織る前に糸や繊維を先に染色することです。

のぼり旗に採用することによって、すでに塗料が生地の奥深くにしみこんでいるので
雨風にぬれても色落ちせずに長く持ちます。のぼり製作を業者に依頼

事前に計画して織って作る作業を行うので、他にはない自社独自のオリジナル性を
出すことができるので、宣伝効果を引き上げることができます。

ただデメリットとしては、手作業で構築する完全オリジナル作品なので量産ができないこともあり
製造コストがかかってしまうことです。

そのため先染め生地ののぼり旗を実際に設置するときには、事前に宣伝効果が見込める場所に置けるように設置計画を作成する必要があります。

顔料プリントは後から生地に色を付ける事

先染め生地は長持ちするのがメリットですが、先に言ったとおりに製造から設置するまでには
しっかりと計画を立てないといけないので時間がかかるのもネックです。

そんな先染め生地ののぼり旗のデメリットを解消したのが、現在主流になっている顔料プリントになります。

顔料プリントというのは正式名称で後染めであり、その名前の通りに生地を織った後に色付けをすることです。
無色の生地を任意の大きさに織った後に、事前に計画をしておいた宣伝するための商品やお店の名前などを下書きします。

その下書きを下部分に、専用の塗料を塗ることで絵付けを行うのです。

のぼりを染める技術

この方法のメリットは生地を任意の大きさに織った後に計画した内容を下書きをする方法なので、
大量に織っておけばデザインは統一なので時間短縮となり大量生産がしやすいのが利点になります。

ただし大量生産ができる反面、デメリットとしては色は後付けなので雨風に晒されると色落ちがしやすい点です。
そのため屋外に設置するときに、雨が降るとなった時には回収する手間が必要になります。

ホーム  柔らかいポリエステル製 のぼり旗専門会社の  プリンターで印刷するため  1枚から注文できるのぼり旗  のぼり旗インクジェット  のぼり旗_軽減できる広告 のぼり旗_戦略  のぼり旗の三巻加工  のぼり旗を買う  のぼり旗で営業 のぼり旗の作り方  のぼり旗を選挙宣伝車両につける  防炎加工の必要性  デザインのポイント  顔料プリントとの違い  sitemap