のぼりの製作にあたって

のぼり旗を買うならノボリバタネット

オリジナルののぼり旗
ノボリバタネットは、オリジナルののぼり旗を低価格高品質にて作っている京都のれんです。

のぼりのネット

この業者が得意なのはインクジェットポンジーのぼり旗や、シルクスクリーンポンジー旗や
シルクスクリーン分解ポンジー旗、インクジェットトロピカルのぼり旗、シルクスクリーン
トロピカル旗、シルクスクリーン分解トロピカルののぼり旗などのラインナップがあります。

そのインクには、染料と顔料の2種類があります。
顔料は粒子が細かく、繊維の中まで浸透して発色するのが特色です。

この手法は透明性があり、インクを重ねて印刷可能なため、写真などの高品質プリントに向いています。

一方、染料の場合は、耐候性・耐水性に関しては顔料と比べると弱いですが、
繊維の中まで染まっているため、擦れるなどのシチュエーションに対して強いです。

この手法を利用すると、表から裏まで一緒に染めることが可能なのです。
人類が染色に関わっているのは、紀元前3000年前と言われています。
歴史的にはインダス文明の遺跡から藍染遺跡が発見されています。

撥水トロマットの染色技法は?

最近は、撥水生地の特性のある合成繊維の記事が発売されています。
撥水加工がされていたいと水に濡れた時にすぐにびしょ濡れになってしまいますが、
撥水加工がされていると、水を弾くのです。撥水性

近年では撥水加工された製品は日常的に使用されるようになり、いつ雨が降り出しても
おかしくない気候の中では、このような機能のある旗はとても重宝されますが
料金をあまり気にせず利用することが可能です。

このような水弾き機能のある布製品は身近に割とあり、中でもポリエステルに
この加工を施されたものは、高い撥水力を見せ、雨傘やレインコートなどの雨具に
利用されていることが多い傾向です。

また、耐久性が高いことや、シワになりにくいという優れた特性があり、速乾性も
備えていることから、のぼり旗の世界では頻繁に利用されます。

このような、のぼり旗は比較的対温度性も兼ね備えている上、安価であるため、
比較的利用されることが多い素材です。

なめらかな感触があるため、利用されやすい素材です。