のぼりの製作にあたって

のぼり旗_データを自分で作成できない場合

オリジナルののぼり旗
オリジナルのぼり旗を発注するとき、縫製についても種類を選ぶことが
できるようになっていますが、選び方によって大きく耐久性に違いが出ることをご存知でしょうか。

安価なのは生地の端の方を特別な処理をせず、ポリエステル系の生地が
熱に溶けやすいことを利用してほつれにくくするため、高熱のカッターで
裁断を行うヒートカットが用いられていますが、長期的に風にさらされると
徐々にほつれてきてしまいます。

ほつれてくる

強風の中でも長持ちさせたいときには、オプションであっても縫製の加工を
お願いすべきで、特に風の影響を受けやすい下側の部分はオリジナルのぼり旗を
作るときに加工してもらうのがポイントです。

生地の端を折り返して縫う三巻加工は、ほつれにくくして見た目のきれいさも
抜群に違いますから、すぐにボロボロになってほしくない場合には四方全部に
お願いすると良いでしょう。

少しでも安く仕上げたいなら、上下だけやポール側ではない方だけ縫うL型で依頼する方法もあります。

巻き上げをできるだけ抑えたいときは、ポールに通す部分をチチにするのではなく
袋縫い加工を行ってもらうとよく、生地を袋にしてポールを通すと厚みがあって
強風で巻きあがりにくく、元の形に戻りやすい特徴があります。

縫製を依頼すれば、その分オリジナルのぼり旗の費用が高くなるだけでなく
完成までの時間も延びるので、納期に十分に余裕がある状態で依頼を行うことが肝心で、
依頼する枚数にもよりますが、ヒートカット加工のみの場合に比べて
プラス1日から2日程度かかると考えた方が良いでしょう。

納期がかかる