のぼり旗_データ


のぼり旗の印刷に必要となるデータ形式は大抵
画像はRGB形式となります。

これは光の三原則によるもので、デジカメデータは
通常採用しているものです。
けれども印刷の場合には、基本4色となるのは
シアン、イエロー、マゼンタとブラックのCMYKです。

プリンターで印刷するためにレイアウトデータを
作成する際には、このデータ形式を変換しているわけです。

この工程において色のバランスが変わることが多く
また実際にはオリジナルデータをのまま使っても
見た目の良い色合いになるとは限らないので、
調整作業が行われることになります。

のぼりそ旗は宣伝効果を高めるために、目立つよう
色鮮やかにするのが通常です。
それをデータ形式を変換する際に修正して
再現できるようにしているのです。

この作業をいかに上手く行えるかによって、のぼり旗の仕上がりの
良し悪しが決まると言っても過言ではないものとなります。

業者選びにおける基準ともなるものです。